FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
本日は、森永家の次男ミルク
虹の橋を渡ったことをお知らせさせて頂きます。

20130109-ミルク1


2012年12月31日の朝
急性心不全により森永ミルク(齢1歳・推定)は永眠致しました。

開店準備中に体調が急変し、
病院に連れていく準備をしている数分の間に息を引き取りました。

31日の昼過ぎには荼毘に付し、
(ペットセレモニーさんでの都合上、火葬が当日か3日ということで当日お願いしました)
年が明けて1月4日にお骨で帰ってまいりました。

あまりに突然のお別れのため、スタッフ一同心の整理がつかず
皆様へのお知らせが遅れてしまったこと、深くお詫び申し上げます。



森永ミルクは、
母親のマミー、兄弟のキャラメルと小枝とともに人間スタッフが保護した子でした。

保護した直前(2011年7月の13日位)は上野店で、
その後一家全員でEast店に籍を置く形になりました。
20130109-ミルク7
(上野店にて:キャラメルとミルク)


お店に来たときは幼く細かった森永一家、兄弟でマミーの母乳を競って吸っていました。


20130109-ミルク2
(East店にて:左から小枝・キャラメル・マミー・ミルク)

20130109-ミルク3
森永一家はみんなネズミのおもちゃが大好きで、それは今もかわらずです。


そんな小さかったミルクもすっかり大きくなり、
兄弟のキャラメルに至っては横に大きくなり…

20130109-ミルク4
兄弟とても、仲が良く一緒に寝ていることも多かったです。

ミルクはどちらかというと、まったりした性格の持ち主で
誰かにくっついて寝ていることが多い子でした。

20130109-ミルク5
特に文太のことが大好き!


また、兄弟それぞれに個性が出てきだし、
長男キャラメルは、でっかい体の割にびびり
次男のミルクは、真ん中の子らしくまったりおっとり
三男の小枝は、兄弟で一番のしっかり者

20130109-ミルク8
ミルクはいつも「しょっぱい顔」を見せてくれました。

体もしっかりしていて、個性的だったミルク。
皆さま驚かれるかもしれませんが、
まだ1歳でした。

人間も猫も幸せだったかどうかは、人生(猫生)の長さでは測ることはできないと思います。
一家で路頭に迷っているところをたまたま運良く保護され、
生きながらえることが出来、ごはんと新鮮なお水、温かい寝床のある生活。
こうであるから、幸せだったと断言することはできませんが、
ゆるくてしょっぱ~い寝顔を見せてくれたミルクはきっと幸せだったんじゃないかな、と思います。


皆様、ミルクをかわいがってくださって本当にありがとうございました!
皆様の愛情を受けて、ミルクが楽しく過ごせた事を心から感謝いたします。

ザイオン動物病院の中條先生、たくさんお話しをさせていただきありがとうございました。
人間スタッフO、こんな素敵な一家を保護してくれてありがとう。


ミルク、素敵な時間をありがとう。
名前を呼ぶとすっごく控えめな声で答えてくれるミルクの声を忘れないよ。

またいつか会えることを楽しみにみんなで待っているよ~!

20130109-ミルク6


※ミルクの遺骨は店内の仏壇にて、
四十九日まで安置させていただいております。

ミルクにお別れしたい方は、人間スタッフまでお声をおかけください。


◆本日は、「また会おうね!なミルク」の画像をクリックお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013.01.09


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。